「下取り」と「買取」どっちが得?

新車購入を考える際、下取り車があるケースが大半を占めるかと思います。

そこでよく言われるのが「ディーラーに下取り車として出すのと、中古車買取店で売却するのとどっちが得なの?」という事です。

これはケースバイケースですが、近年では中古車買取店で売却をする方が良い結果が出る事が多いでしょう。

しかしこれは、下取り査定額と買取金額をしっかりと比較をしてはじめて言える事です。

ディーラーも新車を一台でも多く売りたいですので、普通では値段の付かない下取り車でも3万円、5万円と金額を付ける事もあります。

中には10万円の下取り価格を新車契約を条件に15万円までアップする!という交渉をしてくれる事もあります。ですから両方を調べた上で良い条件の方で売却をするのが得策ですね。

ただここで気をつけて欲しい部分があります。それは下取価格と買取価格の差が3万円程度の場合、こういった時には下取りに出した方が良いでしょう。

これは買取専門店で売却をする場合の手続きの面倒さや、何かしらのトラブルが出た際の事を考えるとディーラーに出す方が無難だからです。

もちろん10万円以上の差が出るケースでは、中古車買取専門店に売却をするのが良いですね。どうしてもディーラーと違い、中古車オークションと直結をしているのが中古車買取専門店ですので、リアルタイムの買取相場に合わせて金額を提示してくれます。

その為、ほとんどの場合、中古車買取専門店で売却をする方が良い条件が出るでしょう。しかもディーラー見積りの諸費用も若干安くなります。

査定料などが必要なくなりますので、3万円以上の査定額の差が出たら買取専門店に売却をする事をお勧めします。

もし今乗っている下取り相場がいくらなのか?少しでも高く売りたい!と考えている方は以下のサービスが効果的です。ディーラーの下取り価格よりも数十万円!も高い査定額が出ているサービスで完全無料ですので一度お試しください。

入力時間は約1分!
あなたの愛車の本当の価値がわかります。
時には数十万円もの差が出ることも…
車を最高の条件で購入したい方はぜひお試しください。
その効果がすぐにわかりますから。

ズバット