荒れまくる新型プリウスの納期!12月版

新型プリウス新型プリウスがいよいよ正式発売になりましたね!11月10日から予約注文を取り始め、なんと11月の段階で5万台以上の予約受注が入っていたそうです。

プリウスは既に国民的な車となっていますね。

トヨタ自動車としては、2月末までに15万台の新型プリウスを生産する予定で、このうち9万台を国内に充てる予定を立てているようです。

しかし現状5万台以上は受注が入っている為、この9万台を超えるのが12月中なのか?それとも1月まで持つのか?という事は正直まったく予想がつきませんね。

テレビなどでも新型プリウスの納期については3ヶ月以上と言われていますが、実際には半年以上は間違いなく納期はかかるでしょう。

この9万台の間に新型プリウスを契約された方で6月~7月の納期。それ以降は秋口になるのでは?という事が言われています。

こうなってしまうと、今乗っている下取り車がある場合がとても困りますよね。

現状ではトヨタディーラーも半年後の大体の査定額で条件を提示しています。

これも新型プリウスの納車の頃には変わる可能性もあります。

となると、新型プリウスの購入金額がいくら必要なのか?という事がわからないまま、新型プリウスの納期を待つことになります。

しかも私も経験があるのですが、新型プリウスの納期まで半年以上も時間が空いてしまうと、その間に事故を起してしまったり、故障をしてしまったり、また車検が来てしまったりと総額がわからない以上の問題も考えられるのです。

もちろん走行距離も多くなるでしょうし、外装や内装にキズや汚れなどが付く可能性すら考えられます。

これが新型プリウスの納期で出る悪影響とも言えますね!

「荒れまくる新型プリウスの納期!12月版」の続きを読む…